ディフェリンが使えない場合とは

ディフェリンゲルが使えない場合とは

ディフェリンゲルが使えない場合とは

ニキビに対して絶大な治療効果が期待できるディフェリンゲルは、医師からの処方箋が必要なニキビ治療薬です。
そのため、皮膚科や美容外科などへの受診が必要になります。

 

しかし中には、ニキビに悩んでいるのにニキビ治療薬の第一選択肢であるディフェリンゲルを処方して貰えない方もいます。
ディフェリンゲルは誰でも使えるものではないのです。

 

まず、ディフェリンゲルが処方できない場合として挙げられるのが、12歳以下の子供です。
これは、ディフェリンゲルを使用した実際の症例がなく安全性が未確認であるためです。
ディフェリンゲルが使えないとは言っても、基本的に12歳以下の子供であればニキビが重症化する例も少ないため、大きな問題はありません。

 

ディフェリンゲルが処方できないもう一つが、妊娠中の女性である場合です。
これは、ディフェリンゲルに含まれる成分が胎児に影響を及ぼす可能性があるからです。

 

妊娠中は食事などによるビタミンAの過剰摂取が胎児の奇形の発生を促進する作用があるとされています。

 

ディフェリンゲルはアダパレンと呼ばれる合成ビタミンA誘導体が主成分となった治療薬です。
そのためディフェリンゲルも胎児の奇形発生リスクが考えられるのです。

 

実際にディフェリンゲルの影響により奇形児が生まれたという報告はありませんが安全を第一に考え、妊娠中はディフェリンゲルを使用できません。
同様の理由で妊娠を希望する女性や子作り予定の男性も使用が制限されるようです。

 

安全にディフェリンゲルを使用するために、事前に医師としっかり今の状態を確認しておくことが重要といえます。

ホーム RSS購読 サイトマップ