ニキビの種類を知ろう

ニキビの種類を知ろう

ニキビの種類を知ろう

一口にニキビと言っても、その進行の度合いなどにより種類があります。ニキビの治療や対策を考える上でも、まずはニキビの種類を知ることは大切です。

 

ニキビとは、皮膚疾患の一つで毛穴の中が発症場所となります。毛穴のなかに皮脂やアカなどが溜まり毛穴が詰まることでニキビができやすくなります。毛穴が詰まる状態を毛穴が角化しているともいいます。

 

毛穴が角化した状態が続くと、ニキビの初期段階である白ニキビや黒ニキビとなります。この皮脂やアカなどで毛穴が詰まった状態はコメドとも呼ばれます。毛穴が閉じ白く盛り上がっているのが白ニキビで、毛穴が開き中の汚れが黒く見えるのが黒ニキビです。

 

白ニキビや黒ニキビが進行し、悪化したニキビは赤ニキビになります。毛穴に詰まった皮脂やアカによりアクネ桿菌という細菌が増殖し炎症を起こすため、赤く腫れたようなニキビになってしまいます。
さらに、この赤ニキビが悪化すると炎症が広がったり、ひどくなり膿が溜まったり、痛みが伴うことがあります。

 

さらに、赤ニキビの段階まで進むと、炎症が引いた後もニキビ跡が残る場合が多くあります。特に赤い腫れが気になり潰すと、ニキビ跡は残りやすいようです。ニキビ跡とは、炎症や潰した跡が、ケロイドやクレーターのように残ったものを言います。
これは組織が傷ついた状態であるため、簡単には治らず、自然に消えることはありません。ニキビ跡は非常に厄介なものなのです。

 

このように段階ごとに分けられるニキビですが、段階が進み悪化したニキビほど治りは遅くなりますし、ニキビ跡のような厄介な後遺症が残りやすくなります。そのため、できるだけ早い段階でニキビの進行を止めて、治療することが大切です。

 

ニキビのできはじめや初期のニキビは、肌を清潔に保つことが最善の治療になります。
しかし、ニキビが悩んでいる方の場合、各段階のニキビが混在していることが多く、総合的な治療が必要です。自宅でのスキンケアなどだけでなく、専門的な医療機関での治療が勧められます。

ニキビの種類を知ろう関連ページ

ニキビの診断
お医者さんがニキビを見る場合の診断
世代別のニキビ
世代別でわかるニキビの症状
ニキビの分類
ニキビは様々な分類があります
ニキビに関する体質と遺伝
ニキビに関する体質と遺伝
ホーム RSS購読 サイトマップ