ニキビに関する体質と遺伝

ニキビに関する体質と遺伝

ニキビに関する体質と遺伝

ニキビができてしまう原因は実に様々です。ホルモンバランスや生活習慣、ストレス、活性酵素などの要因が複雑に関係し合うことで、ニキビが発生・進行していきます。

 

ニキビの要因で気になるのが、遺伝や体質に関することです。
今のところ、ニキビは遺伝するという化学的な証明はありません。

 

遺伝的形質がまったく同じ、一卵性双生児に対する調査では、
ニキビの場所や進行が同じであるという結果がある一方で、
まったく異なるという結果もでています。
そのため、遺伝がニキビの発生に関係するとは言えない状況にあります。

 

しかし、専門家の間では遺伝や体質がニキビに何らかの影響を及ぼすという考えが多くあるようです。

 

肌質や皮脂腺の大きさ、皮脂分泌量、コメドの形成に関する傾向は世代間で似る可能性が多いにある他、
家庭の中で形成される生活習慣や食事の好み、精神傾向や性格は大きくニキビに関係するため、
ニキビができやすい家系とできにくい家系がある可能性が大きいといえるのです。

 

つまり、ニキビに関しては遺伝というよりは、体質という考え方の方が近いようです。

 

ニキビのできやすい体質だと思われる方は、
これからもずっとニキビに悩まされ続けるのかというと、
そういうわけではありません。

 

体質改善という言葉もあるように、体質は自分の心がけ次第で変えていくことができるのです。

 

ニキビのできやすい体質ということは、簡単に言うと皮脂分泌が多い、肌環境が悪い状態にあるということが言えます。

 

これらは、脂分の多い食事や間違った洗顔、肌に合わない化粧品が原因となっていることが多くあります。
【参照】ニキビにつながる皮脂と汚れの関係

 

ニキビのできやすい体質を改善するには、バランスのとれた食生活や正しい洗顔、肌に合った化粧品を使用するなど、日常生活を見直すことが大切です。
逆に、今はニキビができなくても、不規則な生活や食生活のバランスが乱れることで、ニキビのできやすい体質に変わってしまう場合もあります。

 

日頃から肌の健康を保ち、ニキビを防ぐ生活を心掛けましょう。

ニキビに関する体質と遺伝関連ページ

ニキビの診断
お医者さんがニキビを見る場合の診断
ニキビの種類を知ろう
ニキビの種類を知っておこう
世代別のニキビ
世代別でわかるニキビの症状
ニキビの分類
ニキビは様々な分類があります
ホーム RSS購読 サイトマップ