ニキビは細菌で悪化します

ニキビは細菌で悪化します

ニキビは細菌で悪化します

ニキビは放って置いたり触ったりすることで悪化する傾向にあります。
これは、細菌が悪さをしているのです。

 

毛穴が詰まることが原因となり発生するニキビですが、
皮脂やアカが詰まった状態の白ニキビや黒ニキビに
アクネ桿菌という細菌が影響を及ぼし、
皮膚が炎症を起こし赤く腫れてしまう赤ニキビへと悪化してしまいます。

 

さらに悪化すると、膿んでしまったり痛みを伴う場合もあります。

 

アクネ桿菌は常在菌と呼ばれる細菌で、誰の肌にでも存在しています。

 

アクネ桿菌にとっての好条件が揃うことで悪さをはじめ、ニキビを進行させてしまいます。
アクネ桿菌には、空気を嫌う嫌気性と脂質を好む好脂性という特性をもっています。

 

そのため、皮脂分泌の多い顔、胸、背中などはアクネ桿菌の菌数が多い傾向にあります。
この顔、胸、背中はニキビが多くできる場所でもあります。

 

白ニキビや黒ニキビの毛穴に皮脂やアカが詰まった状態をコメドと呼びます。

 

コメドの状態は、皮脂が溜まっているのに加え、
毛穴が塞がれているので空気の流入が少ない状態にあります。

 

つまり、アクネ桿菌にとっての好条件が揃っているのです。

 

そのため、白ニキビや黒ニキビは皮膚を清潔に保っていないと、すぐにアクネ桿菌が増殖しニキビが進行してしまうのです。特に、思春期は皮脂分泌が盛んなため赤ニキビへの進行が顕著です。

 

コメドの状態でアクネ桿菌が増殖すると、炎症により赤く腫れた赤ニキビになります。

 

さらに、アクネ桿菌が出す酵素により膿が発生します。
アクネ桿菌の酵素により、皮脂やアカが酸化し、膿となってしまいます。

 

皮膚表面の近くに膿ができた状態を膿疱といい、多少の熱を持っている場合もあります。

 

赤ニキビで痛みを伴う場合には、皮膚の深い位置で炎症が起こっている膿腫の可能性が高いです。
膿腫は膿疱に比べ、治りが遅いのが特徴です。

 

また、ニキビの発症や進行に関わる細菌はアクネ桿菌だけではなく、
表皮ブドウ球菌という細菌も進行原因として挙げられます。

 

表皮ブドウ球菌もアクネ桿菌と同じく皮膚の常在菌の一つです。

 

ニキビの発症や進行を抑えるためには、皮膚にいる細菌の増殖を防ぎ、菌数を正常に保つことが重要です。

ホーム RSS購読 サイトマップ