ニキビの塗り薬

ニキビの塗り薬

ニキビの塗り薬はどれがいい?

皮膚科に行って処方されることが多いのがニキビの塗り薬。
ディフェリンも塗り薬です。

 

塗りスグリには抗菌や抗炎症の効果があります。
また角質異常を正常に戻すための成分も含まれています。

 

ニキビは炎症したあと色素沈着をする場合があるので、最近では抗酸化効果が期待されるビタミンCやイオン導入などもよくあげられます。

 

色素沈着を防ぐための美白効果を目的としたレチノイン酸がニキビに有効であると考える皮膚科もいます。

 

ニキビの化粧水

ニキビの化粧水としては、グリコール酸などが含まれている場合があります。
グリコール酸はケミカル・ピーリングで使われていて、角栓を落とす効果があります。

 

塗り薬だけじゃないニキビの改善

皮膚科ではニキビを治すために、塗り薬を渡して終わりではありません。

 

体質改善をはかることでニキビの症状をなくすこともできます。

 

ニキビになる原因のひとつとして生活習慣の乱れや食生活の乱れがあります。

 

夜はぐっすり寝て、食事で補えない栄養分はサプリメントなどで栄養補給をする。

 

こうして体を健康的にしてくことで、ニキビになりにくい体質改善を図ることもニキビ治療において有効です。

ホーム RSS購読 サイトマップ