ディフェリンゲルのニキビ治療に対する効果

ディフェリンゲルのニキビ治療に対する効果

ディフェリンゲルのニキビ治療に対する効果

現在、ニキビ治療を行う皮膚科や美容外科などの病院から処方される治療薬で主流となっているのが、ディフェリンゲルと呼ばれる塗り薬です。
この、ディフェリンゲルはニキビ治療に効果的なものであり、日本皮膚科学会からも推奨されているニキビ治療薬です。

 

ニキビとは、毛穴に皮脂や角質、アカなどが詰まってしまうことで発生する皮膚の異常です。
毛穴が詰まった状態は、初期のニキビで白ニキビや黒ニキビと呼ばれます。そこに細菌などが増殖し、炎症を起こすと赤ニキビなどへと進行してしまいます。

 

ディフェリンゲルは、毛穴を詰まらせる原因である肌の角質の発生を抑える効果があります。
そして、ディフェリンゲルのニキビに対するもう一つの効果がお肌のピーリング効果です。

 

ピーリングについての解説はこちら→ケミカルピーリングでニキビ治療

 

ピーリングとは、古い角質を取り除くというもので、肌のターンオーバーを促進させることができます。
これらの効果により、ディフェリンゲルの使用によりニキビができにくくなる他、毛穴の詰まりを解消することでニキビの進行も抑えることができます。

 

このようにディフェリンゲルはニキビの予防と悪化の阻止が基本になっているため、白ニキビや黒ニキビなどの初期のニキビに確実の効果あるニキビ治療薬です。
しかしそれだけでなく、肌のターンオーバーの促進により肌の再生が早まることで、総合的なニキビ治療に効果が期待できるともされています。

 

ディフェリンゲルのニキビ治療効果は、使用してすぐに得られるものではありません。継続的な使用が良い効果をもたらします。ぜひ、ニキビ治療に大きな効果が期待できるディフェリンゲルで、きれいな肌を取り戻しましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ