ニキビの後遺症は困りもの

ニキビの後遺症は困りもの

ニキビの後遺症は困りもの

ぷくっと膨らんだニキビや赤く腫れたニキビは気になるものですよね。
しかしニキビの問題は、ニキビそのものだけではありません。

 

ニキビの後遺症も大きな問題なのです。
実際、ニキビ跡などに悩む人はニキビに悩んでいる人と同じくらい多くいます。

 

ニキビの炎症が治った後に、ケロイド状やクレーターのようなニキビ跡が残ることが多くあります。
このニキビ跡はアクネスカーとも呼ばれており、
細菌による炎症が起きる赤ニキビ以降のまで進んだ場合に残ることがほとんどで、
特に膿んでしまったものを潰してしまうとより残りやすくなります。

 

このニキビ跡が厄介なのは、一度できてしまうと簡単には消えないという点です。
一生残ってしまうことも少なくありません。

 

実はニキビ跡というのは、ニキビを治すために皮膚組織が破壊された結果できてしまうものなのです。
そのため、治りにくく簡単には消えてくれません。

 

もともと人の体には、炎症の原因となる細菌を殺す働きを持っています。
ニキビの炎症が起きた時にも、増殖したアクネ桿菌などの細菌を殺すため、白血球の一種である好中球が活発に働きます。

 

ニキビが赤く腫れるのは好中球が頑張っている証拠です。
好中球は強力な殺菌作用をもつヒドロキシラジカルという物質により、細菌と闘います。
この際に赤く腫れる炎症が起こり、細菌の死骸が膿となって溜まります。

 

しかし、ニキビの炎症が皮膚表面の広範囲、皮膚の深部まで及んでしまうと、
ヒドロキシラジカルの強い働きにより、炎症を起こした皮膚組織ごと破壊されてしまう場合があるのです。

 

これにより炎症が治まってもニキビ跡となり、残ってしまうのです。

 

ニキビの後遺症で困るのはニキビ跡だけではなく、色素沈着も後遺症の一つとして挙げられます。

 

色素沈着には炎症が起きた場所に起こりやすい、炎症後色素沈着とばれるものがあります。
これがニキビのあとに残りやすいのです。

 

色素沈着とは、いわゆるシミです。シミも一度できると簡単には消えません。

 

ニキビは炎症性の皮膚疾患の一つです。
正しい治療で、厄介なニキビ跡や色素沈着を残さずに治しましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ