ディフェリンゲルと一緒に処方される薬

ディフェリンゲルと一緒に処方される薬

ディフェリンゲルと一緒に処方される薬

病院でのニキビ治療で処方される薬の第一選択肢としては、効果の高い保険適用薬であるディフェリンゲルが選ばれていますが、ディフェリンゲルに加え数種類の薬が一緒に処方されることが一般的です。
ディフェリンゲルの他にどのような薬が処方され、併用することができるのか事前に知っておくこともニキビ治療の一つになります。

 

外用薬および内服薬では、各種の抗生物質が主に処方されます。
抗生物質は殺菌や抗菌作用があるため、ニキビの原因の一つである、アクネ桿菌に効果を発揮します。

 

また、外用薬ではニキビの炎症による症状を抑えるため、非ステロイドの抗炎症剤が処方されることも多いようです。

 

肌の働きを促進させる目的としては、各種のビタミン製剤が多く処方されています。ディフェリンゲルによる、ターンオーバーの促進をサポートする効果が期待できます。
また、保湿剤もディフェリンゲルの副作用とされる乾燥の防止や肌の状態維持のため処方されます。

 

ニキビは男性ホルモンによる皮脂の過剰分泌が大きな原因になるので、その改善としてホルモン剤も処方されます。
また、ニキビ予防に有効な体質の自然な改善を図るため、漢方製剤の処方を取り入れる病院も増えているようです。

 

ディフェリンゲルも含め、病院の薬は一人一人のニキビの状態に合わせ処方されます。
医師や薬剤師の指示に従い、用法用量を守って使用することがニキビ治療の近道になります。

ホーム RSS購読 サイトマップ