皮膚科ニキビ治療

ケミカルピーリングでニキビ治療

ケミカル・ピーリングでニキビ治療

病院で行われるニキビ治療には様々なものがありますが、その中でも現在、ニキビ治療の主流となっているのがケミカル・ピーリングです。少し前までは、美容外科で行われることの多かった治療法ですが、最近では皮膚科でも有効なニキビ治療としてケミカル・ピーリングが取り入れられています。

 

ケミカル・ピーリングとは、皮膚にグリコール酸やサリチル酸などの植物性の酸を塗布し、一定の表皮の角質層を除去するというものです。ニキビだけでなく、シミやくすみ、毛穴の引き締めなど美肌全般に効果のある美容施術としても知られています。

 

ニキビ治療としてのケミカル・ピーリングの効果は、初期のニキビでは皮膚の過剰な皮脂が取り除かれる他、毛穴の詰まりの原因である取り除く効果があります。
また、ニキビの炎症の原因となるアクネ桿菌を殺菌できる効果も得られます。

 

ケミカル・ピーリングでは古い角質層を取り除き、肌のターンオーバーを促し新しい皮膚が再生していくことで、ニキビ跡の色素沈着や軽度のニキビ跡の凹凸の改善も期待でき、多くの段階のニキビ治療に有効なのです。
さらに、ケミカル・ピーリング後の肌は、有効成分が浸透しやすいため、高濃度ビタミンCやイオン導入などのニキビ治療を組み合わせることで、治療効果の向上も期待できます。

 

ただしケミカル・ピーリングで気を付けたいのが、アフターケアです。
ケミカルピーリングは酸によって表皮や角質を剥がす治療なので、肌への刺激が強く、施術後に赤みなどがでることもあります。
刺激を受けた肌を落ち着かせるため、保湿などのアフターケアが重要になるのです。

 

最近では、自宅でできるホームピーリングなども注目を集めています。
しかし、ニキビの治療として考えるとホームピーリングは肌への刺激が強いため、より炎症を起こす原因にもなる可能性があります。
ニキビ治療でピーリングを考えるならば、しっかりと専門の医師と相談して行うケミカル・ピーリングの方が安全かつ確実なニキビ治療ができます。

ホーム RSS購読 サイトマップ