ディフェリンゲル副作用

ディフェリンゲルの副作用 ディフェリンを続けるべき?

ディフェリンゲルの副作用

ディフェリンゲルはニキビの治療によく出される塗り薬です。

 

ディフェリンの効果を簡単に説明すると、ディフェリンゲルは赤ニキビや白ニキビ、ひどくなったニキビまですべて使えるお薬です。
初期のニキビにはとくに効果があり、ニキビの進行を防ぐことができます。

 

炎症がないニキビは進行を防ぎ、炎症を起こしたニキビは減らしつつ、ニキビが悪化するのを防ぎます。

 

ただし、ディフェリンゲルを使った人は、ほとんどの人が副作用に悩まされます。
本来であれば、副作用とは医学的に言わないのですが、
ディフェリンゲルを使って副作用が出て辛い、だから止めたという人もたくさんいます。

 

基本的にはディフェリンゲルには速効性はなく、約1ヶ月は使わないといけない薬だということを覚えておきましょう。

 

私もディフェリンゲルを使用していましたが、とにかく肌が乾燥して、化粧ができないほどでした。
それで止めてしまったことがあります。

 

ディフェリンゲルで副作用といわれるもの

  • 顔が真っ赤になる
  • 痒くなる
  • 乾燥で皮がむけてしまう
  • ヒリヒリする

 

この他にもディフェリンゲルで副作用が出る人はたくさんいます。

 

なぜディフェリンゲルの副作用が出るの?

ディフェリンゲルの効果として、まずニキビがどうやってできるかを理解する必要があります。
ニキビは毛穴の詰まりで、皮脂が溜まりアクネ菌が発生することが原因だといわれています。

 

毛穴は角質で詰まります。

 

ディフェリンゲルはこの角質ができるのをなくし、毛穴の詰まりをなくす効果があります。

 

しかし、角質というのは本来人間にとって必要なもの。
角質は外の刺激からバリア機能となって、人間のお肌を守ってくれるのです。

 

そんな心強い角質がなくなってしまうと、当然かゆみや肌が赤くなったりするわけです。
これがディフェリンゲルの副作用といわれる理由です。

 

ディフェリンゲルの副作用をなくすには?

ディフェリンゲルはニキビに効果がある薬として、皮膚科ではよく出されます。
かゆみ、赤み、ヒリヒリした場合は、処方してもらった皮膚科へ受診してください。

 

きちんと効果が出ているのであれば、ディフェリンゲルの頻度を抑えつつ、続けるなど言われます。

 

まれに本当に皮膚が弱いとディフェリンゲルの中止を伝えられる人もいるそうです。

 

自分のお肌は自分で判断せずに専門医に聞いて、ディフェリンできちんとニキビが改善されていっているかを確認しておきましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ