ディフェリンゲルとトレチノインの違い

ディフェリンゲルとトレチノインの違い

ディフェリンゲルとトレチノインの違い

ディフェリンゲルは、2008年に保険適用を受け現在、皮膚科や美容外科のニキビ治療で外用薬の第一選択肢となっているニキビ治療薬です。

 

ディフェリンゲルが保険適用を受ける以前は、ディフェリンゲルが自費で使用されている他、トレチノインというニキビ治療薬も多く使用されていました。
ディフェリンゲルとトレチノインは、どちらもレチノイド製剤で、同じような働きをもつニキビ治療薬です。

 

レチノイド製剤とは、角質剥離、表皮ターンオーバー促進、皮脂分泌抑制、繊維芽細胞を活性化など、様々な効果を持つニキビに大変有用な薬です。

 

トレチノインは第一世代のレチノイド製剤で、角質剥離つまりピーリングが主な作用になります。
初期のニキビから炎症を起こし進行したニキビまで、素早く効果を得られますが、その分肌への刺激も強く副作用が出やすいという欠点があります。

 

一方、ディフェリンゲルは第三世代のレチノイド製剤で、角質の発生を抑えることが主な作用になります。
角質を抑えることでニキビのもとである毛穴の詰まりを解消し、ニキビの改善と予防を行います。初期ニキビに大きな効果があり、炎症を起こした赤ニキビなどにはあまり効果が期待できないという欠点があります。

 

しかし、トレチノインに比べ、肌への刺激が少なく、多くの人が使用することができます。
また、継続的に使用することで、赤ニキビなども含め、総合的なニキビ治療が可能であるということが分かっています。

 

そして、2つの薬の最大の違いは保険適用であるかないかです。
ディフェリンゲルは現在保険が適用されていますが、トレチノインは未だに保険が適用されていません。

 

保険適用の薬は安全性がしっかりと確認されているので、安心して使うことができますし、費用が安価であることが特徴です。

 

トレチノインもニキビの状態などによっては、美容外科で処方されることがあります。
どちらのニキビ治療薬を使用するにしても、しっかりと医師や薬剤師の指示に従って使用することが重要です。

ホーム RSS購読 サイトマップ