ニキビは皮膚病の一つです

ニキビは皮膚病の一つです

ニキビは皮膚病の一つです

ニキビは多くの人が悩む肌トラブルです。日本では、290万人もの人がニキビで悩んでいると言われています。

 

ニキビと言えば「青春のシンボル」のようなもので10代の男女の80%以上がニキビを発症します。これは、思春期にあたる10代は皮脂腺の活動が活発な時期であり、ニキビができやすいからです。また、「20歳を過ぎたら吹き出物」とよく言われていますが、20代以降もニキビはできるものです。30代や40代では「大人ニキビ」や「アダルトニキビ」と呼ばれることもありますが、基本的にはどの年代のニキビも全て同じものです。

 

ニキビはただの肌トラブルではなく、医学的には尋常性座瘡と呼ばれる炎症性の皮膚疾患です。つまり、立派な皮膚病の一つなのです。
ニキビは条件がそろえば誰にでも現れるものです。皮脂などにより皮膚の毛穴が塞がれてしまうことがニキビの原因となります。症状としては、ニキビの種類や段階により異なりますが赤く腫れ、細菌感染により膿むなどが挙げられます。また、ニキビが悪化していくと痛みを伴う場合も多くあります。

 

ニキビは気になるものですが、気にして触るほどに悪化していきます。触ることで皮膚表面の常在菌によって皮膚が炎症を起こしてしまうのです。炎症を起こしたニキビは炎症が治まっても、ニキビ跡が残ってしまいます。このニキビ跡は自然に消えたり治ったりすることはなく、きれいにするには手ごわいものです。

 

そして、ニキビは年代を問わず顔、胸、背中にできやすい傾向にあります。特に気になってしまうのが顔のニキビです。顔のニキビは触ってしまいがちであり、悪化しやすいニキビでもあります。放って置くと、多くのニキビ跡が残ってしまう可能性があります。
また、できてしまったニキビ跡は消えないだけでなく、色素沈着を起こしシミとなる場合も多くあります。

 

誰にでも起こり、軽く考えがちなニキビは、しっかりとした対処をしないと、消えないニキビ跡やシミをつくってしまうのです。それを防ぐためにはニキビのことを皮膚病の一つとして、しっかりと理解することがまずは大切です。

ホーム RSS購読 サイトマップ