ニキビの原因になるホルモンバランス

ニキビの原因になるホルモンバランス

ニキビの原因になるホルモンバランス

ニキビの発生は、性ホルモンのバランスと大きな関係があります。
性ホルモンは大きく男性ホルモンと女性ホルモンに分けられます。ニキビと特に関係が深いのが男性ホルモンです。

 

男性ホルモンには皮脂の分泌を行う皮脂腺を増大させる働きをもっています。そのため、男性ホルモンの分泌が多いと、皮脂の分泌量が多くなり、皮膚が脂っぽい状態になります。そうなると、皮脂や汚れが毛穴に詰まりやすくニキビのもととなるコメドが形成されてしまいます。

 

また、コメド形成の要因となる角化異常にも男性ホルモンの関与が挙げられています。角化異常とは皮膚の新陳代謝であるターンオーバーが乱れることです。古い細胞がはがれにくくなり、厚く溜まってしまうことが角化異常といわれます。これも毛穴が詰まりやすいため、コメド形成の原因になるのです。

 

ニキビを悪化させる要因となるのが、皮膚の常在菌であるアクネス桿菌です。男性ホルモンの分泌が増えると、アクネス菌にとって好条件の皮脂が多くコメドが形成された状態となり、ニキビが発生・進行しやすくなってしまいます。

 

ニキビができやすいと言われる思春期は、第二次性徴期にあたるため男性ホルモンの分泌が多くニキビによる炎症を起こしやすいといえます。
また男性ホルモンの分泌は、女性に比べ男性の方が多いので、男性のニキビは重症化しやすい傾向にあります。

 

女性に多く分泌される女性ホルモンの中には、男性ホルモンに似た働きをもつホルモンが存在します。排卵後に多く分泌される黄体ホルモンです。
排卵後に黄体ホルモンが多く分泌されると、基礎体温上昇するだけでなく皮脂分泌量が多くなります。そのため、女性のニキビは生理周期により発生しやすくなるのです。

 

このようにニキビの発生・進行は、ホルモンバランスに伴う皮脂分泌が大きく関係しています。ホルモンバランスの大きな乱れを防ぐことと、分泌された皮脂に対する正しい対処をすることがニキビを防ぐためには重要です。

ホーム RSS購読 サイトマップ